細菌性亀頭包皮炎・病院・治療方法

細菌性亀頭包皮炎の場合の、病院での治療方法について紹介

病院での、細菌性亀頭包皮炎の場合の治療方法について紹介します。

 

細菌性の亀頭包皮炎の場合、

 

亀頭やカリ首の下の部分の包皮の部分が赤くただれたり、

 

切れたりそれにともなう痛みや、かゆみを生じたりするのが特徴です。

 

その場合、病院でよく用いられる治療法は、

 

抗生物質の飲み薬や塗り薬。さらにステロイドがよく用いられます。

 

よく用いられる薬は以下の通りです。

 

<生物質の飲み薬>

 

例)クラリス フロモックス オゼックス

 

<抗生物質の塗り薬>

 

例)クロマイ

 

<ステロイド塗り薬>

 

例)ロコイド キンダベート

 

以上の3つの薬を患者の症状にあわせて、

 

じょうずに組み合わせながら、治療を進めていきます。

 

 

 

page top